育毛剤 人気ランキング

返金保証に騙されるな!たった一ヶ月半で髪の毛は生えないぞ!

ここ数年で世の中に蔓延したものの一つに詐欺が上げられますね。俺、俺から始まり、今では給付金を還付するから現金を振りこめなどという馬鹿げた話も問題になっています。次に多いのは出資金がらみの詐欺。健全な銀行でさえ普通預金の金利は0.020%~0,030%なのに、高配当を歌い文句にお金を集めています。それらは全て人間の欲に付けこんだ手口なのですが、それはお金に関しての事だけではありません。美容の世界でも起きているのです。美しくなりたいと思うのは誰しもの願望で、その欲が騙されてはいけないと思う心に鍵をかけてしまうのでしょう。

それでは、育毛剤の世界では?もちろんあります。なぜなら髪の毛に関しては、絶対に生えると言い切れないからです。それなのに甘い言葉に騙され、多額な金額をつぎ込んだ人も少なくないでしょう。そんな悪徳業者に鍛えられ、最近の消費者は賢くなっていますが、今一つ解せないのが返金保証です。今ではどの商品にもセットのようにその言葉がつけられていますが、果たして育毛剤に適応出来るのでしょうか。

現在市場で販売されている育毛剤のほとんどは、効果が現われなかったら購入金額を全額返金しますと謳っていますが、その期間はたいがい30日~45日なのですよ。髪の毛は植物の種とは違いデリケートですので、頭皮が改善されるまで3か月、変化が表われるまで半年はかかります。たった一ヶ月や一ヶ月半で増毛するとは考えられません。返金保証が付いていれば確かに安心出来るので求めやすくなりますが、一番大切なのは同じ製品を三か月以上続けてみる事なのではないでしょうか。それで効果が現われない時は別の製品に変えるというように、抜け毛や薄毛を改善しようと思ったら地道な努力が必要なのです。

薬剤師に相談してから自分に合った市販の育毛剤を決めよう

あなたは抜け毛が増えてきたと思った時、どうしますか?当然ドラッグストアに行って、抜け毛予防の成分が配合されたヘアケア商品を買ってきますよね。しかし、それはNGなのです。だって抜け毛の原因もわからないのに、そんな物を使ったって意味がないでしょう。抜け毛の原因は加齢やホルモンの低下ばかりではありませんので、ご自分で判断なさらず専門医に相談してください。とは言ってみたとしても薄毛の私ですら、皮膚科に行こうと思った事は一度もありません。陰部の悩みで泌尿器科や婦人科に出向く女性が少ないのと同じように、恥ずかしいからです。だって薄毛は、一目見ればわかるのですよ。あの人やっぱり……。医院に出入りする時、通行人からそんな目で見られたら嫌じゃないですか。

確かに医院では頭皮の状態を調べ、ドラッグストアでは販売されていない薬を処方してくれるでしょう。それでも医院が敬遠される理由は二つあると思います。まず一つ目は受付けをしなければいけない事。一念発起して医院の門をくぐったとしても、問診を嫌って断念する人も多いのではないでしょうか。そして二つ目は検査項目の多さ。全ての結果が出るまでには時間がかかり、薄毛の原因が特定されるまで何度も通わなければいけない事態も発生すると予想されるからです。深刻にお悩みの方は別としますが、ちょっと気になる程度の人がそこまで時間を割こうとは考えにくいですので、ドラッグストアを頼るのは致し方ない事なのでしょう。そこで守って頂きたいのは、いくら恥ずかしくてもその店に勤務する薬剤師に、自分の症状を相談する事なのです。

個人差はあると思いますが、ドラッグストアに勤める薬剤師なら医院の看護士や受付けと違い事務的に業務を遂行しようとはせず、客の立場側から話を聞いてくれますので相談もしやすいでしょう。ですから数多く市販されている育毛剤の中から自分に合った製品を探すポイントとして、自分の症状を勝手に決めつけない事と薬剤師に相談する事が上げられるのです。そうでなければお金ばかりがかかり、肝心の髪の毛が生えてこない場合もあり得ます。

育毛剤と脱毛剤?全く違うようでも使用目的は同じなのだ

男とはワイルドで、己の欲に向かって突き進む種族である。四半世紀前ならそれが当たり前だったかもしれませんがアッシーやキープ、はたまたメッシーやミツグなどという言葉が全国に蔓延するようになると、男女の立場が逆になりましたと言っても過言ではありません。親が決めた結婚相手だからという辛い時代を乗り越え、女性が男性を選ぶ世の中に変わってきたのです。ちなみに余談となりますが、自然社会で生きる動物のオスは、自分で交尾する相手を決められません。主導権はメスにありますので、強姦やストーカーなどは行われません。それらは全て、人間の心に潜むエゴイズムが成せる業なのです。

選択の余地がなかった女性に時代という一筋の光が差した事で、男性の心理も変わりました。テレビでは醤油顔やソース顔という言葉が流れ出し、肉食系男子と草食系男子という単語まで生まれました。そんな世相の中で自分はどっちに当てはまるのだろうかと、頭を悩ませた人も多くいると思います。そして一昔前なら、女性は自分の持っていない部分を男に求めるとかで剛毛の人は受け入れられ、薄毛の人は日陰に追いやられてきましたが、今では同等の立場になりました。

最近の傾向で、剛毛だと肌触りが悪くて清潔感もないからベッドインしたくないし、部屋の中に毛が落ちるのも嫌よね。そんな言葉が囁かれるようになったからです。そして薄毛の人は子供に遺伝子が残るのを防ぎたいという理由だけで、相変わらず敬遠されてしまいます。ありすぎても駄目で、なさすぎても駄目。脱毛剤と育毛剤。背中合わせにあるこの二つの薬剤を使用している人は、見た目は違っても女性にもてたいと思っている友達同士と言えますので、己を悲観せず互いに努力を怠らないようにしましょう。そして一番大切なのは、外観よりも内面の美しさだという事を忘れないようにしましょう。

前頭部が薄毛!発毛促進剤に頼らなくてもなんとかなるさ

『前頭部の薄毛』や『頭頂部の薄毛』をキーワードに検索すると、必ずテストステロンという男性ホルモンの名前が登場しますので、ここではあえてこうすればホルモンの分泌を抑え抜け毛を減らす事が出来るというような話は致しません。むしろ、ハゲ親父及び予備軍の奮起を促したいのです。

そもそも前頭部や頭頂部が薄毛だと、何か社会に迷惑をかけるのでしょうか。1989年に日本でも公開され大ヒット作となったダイ・ハード、その映画の主演を務めたブルース・ウィリスは当時から前頭部と頭頂部が寂しく、ダイ・ハード/ラスト・ディでは結構ヤバかったではありませんか。日本代表が初出場する事で全国を魅了した1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会で活躍し、世界一優れたサッカー選手と称されたフランスの主将ジネディーヌ・ヤジッド・ジダンを覚えている人も多くいるでしょう。彼だって当時から、結構ヤバかったのですよ。それなのに日本のおじさん達は、何をやっているのですか!ハゲを現実の物として受け入れ、その中でも目的に向かって必死に働くあなたの姿が、社会に好感を持たれるのではないですか!と声を大きくして言いたい私も男性型薄毛症の定型的なタイプで数年前からスキンヘッドにしていますが、世間の目は以前と変わりませんしお坊さんに間違えられて道を尋ねられると、優しい気持ちで応対出来るようになりました。

横一列。運動会では徒競走の順位を発表しない。みんなと違うといじめられる。そんな間違った社会を作ってしまったのも私達ですが、他人に対するコンプレックスは誰でも持っているのではないでしょうか。そんな中で克服しようとしている人を、温かく迎え入れてください。そして前頭部と頭頂部が薄い人に言いたいのは、長髪では薄毛をごまかし切れないという事です。フサフサしている部分があると、逆に地肌の露出が目立ってしまうのですよ。これも体験談なのですが、スキンヘッドにする前は床屋に行くたび坊主に近い髪型にしていたのです。それでも髪が増えたと言われたのはほんの一ヶ月足らずで、元々薄かった部分には生えてきませんでした。その時私が言い返した言葉は、『顔が広くなっただけだ』です。

顔の定義を知っていますか?顔とは両耳の線を頭部で結んだ部分の事を言いますので、私の答えは間違っていません。ハゲは男性ホルモンが旺盛な証拠ですので自信を持って仕事をし、ベッドでのテクニックを磨いてください。英雄は古来よい、色を好むものなのですよ。それでも薄毛が気になる人は、前頭部や頭頂部といった各部署に利く発毛促進剤が販売されていますので、そちらを購入なされ抵抗してみてはいかがですか。

そこのあなた!薄毛を気にする前に育毛剤の歴史を知ってみませんか?

感冒と薄毛を治療する薬を発明すればノーベル生理学・医学賞を受賞出来ると言われているほど、この二つが長い歴史の中でも人類の天敵となってきた事は、クローン細胞の研究が向上してきた現在でも開発されていない事で一目瞭然ですね。なぜなら感冒と薄毛の症状には個人差があり、骨折したらギブスで固定するとか深手を負ったら縫合するというように、治療の方法を特定出来ないからです。

歴史を紐解いてみれば、五千年以上前のエジプト文明でも育毛剤が使われていたという資料が発見されています。そう考えれば江戸時代に生まれた日本男性は、前頭部から頭頂部にかけて剃り落す月代(さかやき)という髪型が定番となっていましたので、薄毛を気にした人もいなかったでしょう。現代人にしてみれば羨ましい話ですが、その時代に生まれた人々はくだらない紙切れ一枚で自ら命を落とさなければいけない理不尽さに耐えて私達の祖先になってくれたわけですから、素直に敬意を払いたいと思います。

それでは、日本で育毛剤が発売されたのはいつでしょう。答えは昭和7年で兵庫県が発祥の地なのですが、それから40年あまり全国区にはなれず、世のおじさん達にはほとんど浸透しませんでした。東日本、特に北海道や東北地方で暮らす人達は、その物の存在すら知らなかったでしょう。ところが1970年代に入り、兵庫県以外の医薬品メーカーも育毛剤の開発を始めると、瞬く間に全国に広がりました。なぜだと思いますか?1964年に東京オリンピックが開催された事で、富裕層や集客を目的とする飲食店の店主はカラーテレビを導入しましたが、一般の人は白黒テレビを買うのがやっとの時代でした。それが70年代に入り高度成長がさらに進むと、一般家庭の収入も増えてきます。経済効果は庶民の生活を一変しました。昭和を40年以上生きた人には馴染み深いと思いますが、三種の神器という言葉を覚えているでしょう。そう、カラーテレビ・クーラー・自家用車の三つです。

カラーテレビが普及された事より、某国営放送に対立するように民放局が次々と開設されました。すると庶民は必然的にコマーシャルと向き合う事になり、育毛剤に限らず全ての商品が消費者の目に留まるようになったのです。当時のアイドルで言えば元祖御三家の名前は出て来なくても新御三家は知っているという方々が、今現在育毛剤を使用している人の大半を占めているのは事実ですし、それは男性に限っての事ではありません。むしろ女性の方が流行に遅れてはいけないと思う余り、自分の髪の毛を傷つけてきたのではありませんか。

なにせ開発すればノーベル生理学・医学賞を受賞出来るほどの薬なのですから、抜け毛でお悩みの方も長い目で情報を収集し、メーカーの思う壺にはまらないよう自分自身を徹底管理してください。髪の毛が抜けるのは生活習慣なのか、それとも内臓系の問題なのか。原因となる元を一つ一つ立ち切っていかないと、抜け毛は改善されません。

発毛剤選びよりシャンプーを決める方が大変って本当?

薄毛にお悩みの方は毎日頭に発毛剤を振りかけていると思いますが、その前にしなければいけない事が二つあります。一つ目は洗髪の仕方を変える事。汗を掻いた分頭皮を綺麗しなければいけないと思われがちですが、その考え方自体がNGなのです。人間の身体には再生能力が備えられており、傷が治るのと同じように洗い流された皮脂を補おうと分泌量が増えるからです。なぜなら皮脂とは肌を潤すと共に、地肌を守るという大事な役目を果たしているからです。皮脂が無くなれば頭皮も乾燥しフケが出やすくなりますので、痒みも増す事になるでしょう。そんな大切な皮脂を、全て洗い流してどうするのですか。幸いに日本語には『ほどほど』という単語があります。腹も八文目までなのですから、洗髪もそれに習いませんか。そして洗髪時に注意して頂きたい点は、毛髪よりも頭皮に意識を置く事です。シャンプーをよく泡立て、爪を立てずに指の腹で頭皮をマッサージするように洗ってください。特に女性の方はキューティクルを保護する事に目を奪われがちですが、髪の毛は頭皮から生えている事を忘れないようにしてください。

二つ目はシャンプー選びです。いくら美しい髪の毛を持っていたとしても、必ず抜ける物だと思ってください。そしてシャンプーとはリンスやコンディショナーとセットで販売されており、今までなら髪の毛を保護する目的のみで製造されてきましたが、最近では頭皮をケアする成分が配合された薬用シャンプーなるものが販売されるようになりました。しかしどの商品も医薬部外品ですので、薬用と謳っていたとしても必ず効き目があるとは言えません。

医薬部外品とは効果がある成分が含まれているだけで、これであなたの辛い症状は解決出来ますよ。とはっきり言えない商品の隠れ蓑なのです。いわゆる栄養ドリンクと同等に考えてください。

『今日の活力にこれ一本』と書かれていたとしても、それを飲んで皆が皆元気になりますか?それと同じ事で、抜け毛を予防しようと思ったらかえって増えたという場合もありますから、シャンプー選びはくれぐれも慎重を期すようにしましょう。そして頭皮をケアするアミノ酸配合という言葉にも、惑わされてはいけません。これは男性女性共に言える事ですが、あくまでも医薬部外品だという事を念頭に置き、自分の頭皮に合った一本を探しましょう。プロ野球の世界にも先発ピッチャーと中継ぎや抑えに役目が割り当てられているように、シャンプーは頭皮を清潔に保つ洗剤にすぎないのだと思い、最後は発毛剤に毛乳頭を刺激してもらうのが、髪の毛を再生する方程式なのです。

若い女性に抜け毛警報発令!イクメンパパは発毛剤より強くあれ!

テレビのコマーシャルは中高年の男性を主にターゲットとしているように感じられますが、最近では若い女性の中にも抜け毛に頭を悩ませている人が多くいるのです。それでは何が原因となっているのでしょう。ここでは20代の女性を取り上げますが、あなたは20代と聞いてどのような言葉を想像しますか。ダイエット・ヘアカラー・パーマ・妊娠・出産など、すぐに色んな言葉が浮かび上がってきますね。そしてそれらのどれを取っても、抜け毛を誘発させるのです。ダイエットは食事を偏らせ、ヘアカラーやパーマは髪の毛を傷つけますからね。そして妊娠や出産を経験する事によりホルモンのバランスが崩れてしまうのです。

しかし抜け毛の要因は、それだけではありません。女性の社会進出によるストレスも影響しているのです。例えばあなたが、女性の視点による販売促進プロジェクトのリーダーに抜擢されたとしたらどうしますか。職務を全うしようと必死に頑張るでしょう。それもストレスの一つになると思いますが、一番重要な問題はパワーハラスメントです。いくら男女平等と世間では言っていても、女性の立場は未だに弱いままなのです。家事と育児を両立させながら男と同等の仕事をしろと言うのですから、心にかかる負担は想像を絶するほど大きく膨らむ事となるでしょう。

疲れた身体で洗髪をすれば、当然洗い残しも多くなる。片手間に作った料理では栄養のバランスも偏ってしまい、その上洗濯や食器洗いまでしなければいけないのなら家政婦と同じです。そんな生活環境で、元来遺伝子に組み込まれているはずのヘアサイクルが、きちんと行われると思いますか?髪の毛の美しさがその人の心の健康度を表わし、それを支えるのが夫の務めなのです。病気による抜け毛かもしれないので必ず専門医に相談なさる事をお勧めしますが、ストレスだけは誰にもケア出来ません。いつまでも奥様から綺麗でありたいと思ったら、イクメンパパに変身しましょう。そんなあなたの背中を、子供はちゃんと見ています。

抜け毛を予防するより頭皮をケアする育毛トニックの方が大切!

最近抜け毛が増えてきたと思ったら、どのような対策を取ればいいのか。それには複数の回答があります。一つ目は食生活を改善する事。動物性蛋白質を控え、植物性蛋白質を多く摂取する事により、血液がサラサラとなり流れやすくなるのです。頭髪を樹木に例え、血液を水に置き換えればわかりますよね。二つ目は頭皮のマッサージ。こちらも血流を良くするためには欠かせません。何せヘッドスパなる業種が台頭している時代ですので、重要なポイントになるでしょう。他にも色々あると思いますが、ここではこの二つだけで終了したいと思います。なぜなら抜け毛の原因は一つに限らず、生活環境の急激な変化というストレスも大きく関係してくるからです。そしてどのような対策を取ろうが、ストレス以外の抜け毛には予防策などないのです。

髪の毛は多年草と同じだと思ってください。それらの植物は雪が降ると一旦枯れ、春になるとまた芽を出しますが、髪の毛もある程度成長したら抜ける仕組みになっているのです。ここまでは万人に共通する遺伝子ですので誤解しないでください。そして本来ならまた生えてくるはずなのに根っこが枯れてしまい、芽を出さない人が薄毛になっていくのです。そうなったら、諦めるしかないのでしょうか。いいえ、そんな事はありません。植物に子孫を残す種があるように、髪の毛にも毛乳頭と呼ばれる種が存在するのです。

毛乳頭に栄養を与えるには、頭皮のケアが大切になってきます。そのために大前提となるのが清潔を保つ事で、一日の発汗量は関係ありません。どれだけ多くの汗を掻こうが、その日のうちに洗い流せばいいのです。しかし、それが出来ないのがおじさん達。なぜならおじさんは、お酒を飲む機会が多いから。喫煙はもちろんですが、飲酒も抜け毛を促進するのです。しかも酔ったままシャワーも使わず眠ってしったら、頭皮のケアなど出来るはずがありません。それなのにこの育毛トニックは効かないなんて言われたら、薬剤達の方が可哀想になってきます。抜け毛予防とは生活習慣を変える事、そして毎日頭皮をケアする事が大切になってくるのです。

頭部のニキビを治さなければ発毛促進剤をかけても効果がありません

ニキビと吹き出物は違う物だと思っていませんか?ましてや10代までをニキビと呼んで、成人になったら吹き出物なんてとんでもありません。どちらも毛穴に皮脂や角質が詰まり、炎症を起こした状態の事を言うのです。そしてニキビは頭部にも発症しますが、特に多く見られる場所は皮脂の分泌が活発な前頭部と頭頂部ですので、洗髪する時はブラシなどを使い清潔さを保つようにしましょう。髪の毛は毛根から生えてくるのに、詰まった毛穴にいくら発毛促進剤をふりかけても効果は表われません。肥料を吸収出来ない畑で野菜が育たないとの同じ事ですので、土壌の改善に努めましょう。

それでは頭部にニキビが出たらどうしますか?皮膚科に行けばいいだろうなんて他力本願な事を言っていないで、自分で出来る事から始めてみませんか。なぜならニキビと食事には大きな関係があるからです。そのため肉やコッテリとした料理が好きな10代に、より多く発症するのです。均衡の取れた食生活に戻せばホルモンバランスも改善されますので、皮脂の分泌量を抑える事が出来るでしょう。そして睡眠不足やストレスも大きな要因の一つになっています。つまり偏った食事は取らずに普通の生活をしていれば、ニキビの発症を防げるのです。

前文でニキビの発症を防ぎ、発毛促進剤の効果を高めようと書きましたが、発毛促進剤を必要としている人のほとんどが社会人だと考えられます。そのため頭部にニキビを発症しても、皮膚科に行く時間がないという人もいるでしょう。そんな時は炎症を抑える成分が配合された発毛促進剤も販売されていますので、そちらを試してみるのも良いと思います。そして皮膚科に行ったとしても、処方された薬と発毛促進剤を併用してもいいのかと迷われた人は、炎症が広がる場合もありますので必ず現在使用している物を医師に見せて相談してください。

あなたは間違っていませんか?育毛剤と専用ブラシはセットで使おう

あなたは育毛剤をどのように使っていますか?洗髪したら頭皮にふりかけ、指の腹でマッサージをするだけでは、育毛成分を最大限有効には使っていないのですよ。育毛剤が入れられた容器に、毛根を刺激して発毛を促すと書かれているのをよく目にした事があると思いますが、指の腹だけでは毛根を刺激し切れないのです。そこで最近目に付くようになったのが頭皮用ブラシ。これなら満遍なく頭皮を刺激出来ます。

しかし、闇雲にブラシで擦ればいいというものでもありません。なぜなら頭皮の状態には個人差があるからです。例えば日焼けした腕の皮がむけ始めた時の事を想像してみてください。あなたはその部分を垢すりタオルなどでゴシゴシと擦りますか?再生しかけている皮までむけてしまい、炎症が広がるだけですので、誰だってそんな事はしないでしょう。頭皮も腕や足の皮と同じというよりは、髪の毛で守られている分敏感で蒸れやすい場所でもありますから、腫れ物に触るようにとは言いませんが優しくブラッシングしてください。そうでないとブラシの毛先が頭皮を傷つけ、逆効果になってしまう事もあるのです。

それならどのブラシが効果的なのか。ドラッグストアーの育毛剤コーナーには、数種類のブラシが並べられています。その中から自分に合った一本を探すのは容易な事ではありませんが、こればかりは経験しかないのです。なにせプラスチック製とゴム製、はたまたレーザーブラシから歯ブラシと同じような音波ブラシまであるのに、利用者の頭皮の状態もわからない私がこれを使いなさいとは言えないからです。

そして一つだけ守って頂きたい事。それは痛みなどの異常を感じたら、いくら買ったばかりのブラシだとしても使用を中止してください。もったいないと思わずに、次のブラシを購入する事をお勧めします。頭皮はデリケート部分なのだと念頭に置き、根気強く自分に合ったブラシを探してみてください。